タイヤの寿命はどのくらい?交換時期について解説│関市 車検・整備

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検・整備
  • タイヤの寿命はどのくらい?交換時期について解説│関市 車検・整備

タイヤの寿命はどのくらい?交換時期について解説│関市 車検・整備

 タイヤの寿命・交換時期は?

タイヤの寿命は、夏タイヤと冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)で異なることはご存知でしょうか。

ですが、夏タイヤ・冬タイヤともに下記の状態にある場合は交換が必要です。

1.残り溝が50%
2.ひび割れや偏摩耗がある

上記の他にも、夏タイヤとスタッドレスタイヤごとに交換時期の見分け方があるので、ご説明いたします。

 夏タイヤの寿命

夏タイヤの寿命は以下の3点が挙げられます。

1.残り溝が4mm以下
タイヤは使用とともに擦り減ります。そして、制動距離が急激に大きくなるのが残り溝4mmなので、夏タイヤを安全に使用できる寿命の限界になります。

2.走行距離30,000km~50,000km
メーカーによる違いはありますが、夏タイヤの溝の深さは新品でだいたい8mm前後。夏タイヤは、走行5,000kmで1mm摩耗すると言われているため、計算上でも32,000kmが寿命の目安となります。

3.使用開始から4年~5年
タイヤメーカーは使用開始後4~5年での交換を推奨しています。たとえ溝が十分にあり、ひび割れが無かったとしても、タイヤはゴム製のため、経年で劣化している可能性があります。

 冬タイヤの寿命

冬タイヤの寿命は以下の3点が挙げられます。

1.溝が50%以上摩耗
溝が50%摩耗したタイヤは、氷上でのブレーキ性能の悪化や、スリップの可能性が高まります。新品時から溝が50%摩耗するとプラットホームという突起が表面に現れるので、交換時期になります。

2.走行距離10,000km~15,000km
積雪地域の場合、スタッドレスタイヤの装着期間は11月〜4月の6ヵ月間が一般的。1ヵ月間で1,000km走行する場合、計算上は3年で15,000kmに到達します。

3.使用開始から3年~4年
タイヤメーカーは、スタッドレスタイヤの性能を保証する期間は3年に定めているケースがほとんど。スタッドレスタイヤは経年とともにゴムが硬化し摩耗が進むと、スタッドレスとしての役割を果たせなくなるため、交換が必要です。

 岐阜県関市でタイヤ交換なら、林モータースにお任せください

岐阜県関市にある林モータースは、地域トップクラスの車検実績を誇る国の指定工場(民間車検工場)です。

当社は技術・設備において国の厳しい基準をクリアした指定工場なので、車検・整備は全て自社完結が可能車検だけでなく、オイル交換タイヤ交換ブレーキパッド交換などのメンテナンスもお任せください。

関市の方はもちろん、各務原市、富加町、岐阜市、美濃市、美濃加茂市、山県市などにお住まいの方も、お気軽にお問合せください。

タイヤ交換のお問合せはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

岐阜県関市にある「有限会社 林モータース」は、累計入庫10万台以上の実績を誇る、創業77年の指定工場(民間車検工場)です。

車の販売から車検・整備や鈑金塗装(キズ・へこみ修理)といったアフターサポートも充実。お客様のご予算に応じた柔軟な対応が可能で、高品質な整備・修理をディーラーよりも平均30%お安い価格で受けて頂けます。

関市の方はもちろん、各務原市、富加町、岐阜市、美濃市、美濃加茂市、山県市などにお住まいの方もお気軽にご相談ください。

TEL:0575-22-1258
※「ホームページを見た」とお伝えください。
お問合せフォームはこちら※motors.co.jp からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。

LINEお問い合わせはこちら
※友達追加後お問い合わせください

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り