ブレーキパッドの交換時期はいつ?目安のタイミングを解説│関市 車検・整備

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検・整備
  • ブレーキパッドの交換時期はいつ?目安のタイミングを解説│関市 車検・整備

ブレーキパッドの交換時期はいつ?目安のタイミングを解説│関市 車検・整備

 ブレーキパッドの役割

ブレーキパッドとは、ブレーキを構成する重要な部品の一つで、ブレーキローターを挟んで車を停める役割を持ちます。

ブレーキパッドはブレーキを踏むたびに摩擦し、少しずつ削れていく消耗品。特に坂道や山道など勾配のある道路を走行する頻度が高い場合や、急ブレーキをかける走行が多い場合は摩耗するペースが早まります。

今回はブレーキパッドの交換時期についてご説明いたします。

 ブレーキパッドの交換時期

ブレーキパッドの残量が減ると、ブレーキが利きにくくなり制動距離が延びます。

また、使用限度の2mmを超えるとブレーキの破損を招く可能性があり非常に危険。そうなる前に適切なタイミングで交換することが大切です。

ブレーキパッドの交換時期の目安は下記の通りです。

 1.ブレーキパッドの残量が3mm以下

新品時のブレーキパッドの厚さは約10mmありますが、使用とともに少しずつ摩耗して減っていきます。

使用限度の2mmを超えるとブレーキの破損を招く危険性があるため、ブレーキパッドの残量が3mm以下になったら交換しましょう。

正確なブレーキパッドの残量を確認するにはタイヤとホイールを外す必要があるため、プロに見てもらったほうが安心です。

 2.走行距離50,000km

ブレーキパッドの減り方は車種や走行環境によっても変わるため、あくまで目安になりますが、走行距離が50,000kmを超えると摩耗している可能性が高まります。

特にブレーキに違和感を感じない場合でも、走行距離50,000kmを超えたら一度ブレーキパッドの点検を行いましょう。

 3.キーキーという異音

ブレーキパッドが使用限度になると、車種によっては「キーキー」という異音を発するようになっています。

その他、組み付け不良ローターが偏摩耗している場合なども、キーキーという音が鳴りやすくなります。いずれにしても、異音が気になったらブレーキまわりの点検を行いましょう。

 岐阜県関市でブレーキパッド交換なら、林モータースにお任せください

岐阜県関市にある林モータースは、地域トップクラスの車検実績を誇る国の指定工場(民間車検工場)です。

当社は技術・設備において国の厳しい基準をクリアした指定工場なので、車検・整備は全て自社完結が可能車検だけでなく、オイル交換タイヤ交換ブレーキパッド交換などのメンテナンスもお任せください。

関市の方はもちろん、各務原市、富加町、岐阜市、美濃市、美濃加茂市、山県市などにお住まいの方も、お気軽にお問合せください。

ブレーキパッド交換のお問合せはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

岐阜県関市にある「有限会社 林モータース」は、累計入庫10万台以上の実績を誇る、創業77年の指定工場(民間車検工場)です。

車の販売から車検・整備や鈑金塗装(キズ・へこみ修理)といったアフターサポートも充実。お客様のご予算に応じた柔軟な対応が可能で、高品質な整備・修理をディーラーよりも平均30%お安い価格で受けて頂けます。

関市の方はもちろん、各務原市、富加町、岐阜市、美濃市、美濃加茂市、山県市などにお住まいの方もお気軽にご相談ください。

TEL:0575-22-1258
※「ホームページを見た」とお伝えください。
お問合せフォームはこちら※motors.co.jp からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。

LINEお問い合わせはこちら
※友達追加後お問い合わせください

カートに
入れる
気になる
お電話
お問合せ
お見積り